言語技術とは

私たちが「聞く・話す・読む・書く」という機能を駆使して、

私たちの考えを論理的に構成して、相手にわかりやすく伝えるための

技術です。つまり、コミュニケーションを豊かにする基本技術です。

 

ところが、この、「相手にわかりやすく伝える技術」は、日本語の

構成そのものに不足があります。空気を読んだり、相手に自分の

お思いや考え(批判的意見を含む)などをを明確・的確に伝える

ことなど美徳が許さないのですが、このようなスタイルの日本語では、

国際舞台で話す英語やドイツ語には成り得ないのです。

国際舞台で通じる英語・ドイツ語を習って、世界中の国で友達を

たくさん作りましょう!

_______________________________________________

日本の言語技術教育の不足について

三森ありかさん(つくば言語技術教育研究所長)がこの不足を

指摘しました。

三森ゆりか氏が指摘する、私たちに不足する言語技術一覧

1.主語と形容詞の意識

2.一人称・三人称の意識

3.有効な質問の仕方

4.文章の要約の技術

5.情報の分解と解釈

6.情報を分析し解釈した後、批判的に検討して、自分で判断を

  下す技術

7.表現力の訓練

1)作文を書くための技術

2)あるものを見たとき、それを見ていない人がせいかくに

  そのイメージを描けるように情報を伝達する技術

3)効率的な説明の方法

4)論理的で無駄の無い報告書を書く技術

5)論理的で無駄の無い記録文書を書く技術

6)自分を売り込むための履歴書の書き方

7)小論文の書き方

8)卒論文の書き方

9)議事録の書き方

  10)人前でわかりやすくプレゼンテーションをする技術

  11)討論や議論の技術

     1.相手の主張を聞いて、その論理的矛盾や過不足を

       聞き分ける

     2.自分にとって有利な方向に議論を展開させる方法

_______________________________________________________________

 

言語学者:三森ゆりか氏・大津由紀雄氏・鳥飼玖美子氏の言葉

言語を駆使して主張し、説得し、発信するために必要なのは、

説明や描写・報告・記録・議事録などの情報伝達技術や、

論証の仕方・論文のまとめ方・プレゼンテーションの方法、

論文や議論の技術・情報の要約や分析・解釈・批判的検討の技術

を母国語である日本語で訓練することである。

_______________________________________________________________

 

ドイツ人は子供の時から上記の技術を使った会話や話し合いを

家庭や社会で耳にし続け、小学生からずっとこのような言語

技術を磨いていきます。テレビでも討論番組がたくさんあります。

 

B2の試験にはプレゼン・討論・問題解決などがあり、上記の

技術が要求されています。どれも即答しなければならないので、

しっかりその準備をしましょう。

 

自分の意見を持つことが、それゆえ、どれだけ大事か

お解りいただけたでしょうか。

_______________________________________________________________

 

やりましょう、ドイツ語!話すためのドイツ語を!

「私にはとっても無理!」などと考えることは無用です。

誰にでも出来ます。

特に、大学に席をおきたい方、就職口を探している方、あなたの

言語技術を大真面目に磨いてください。